アクトインディ職人たちのブログ

第31回 ランチミッション×金子

2017年2月2日

本日のランチミッションで品質管理チームの金子と一緒にやってきたのは、韓国料理屋「KANTORA」です。

スナックのような雰囲気が漂っている店内に流れているのは、なぜか加山雄三さんの曲。久々に昭和の世界を感じました。
とりあえず北風が冷たい日であったため、二人揃って石焼ビビンバを注文。
あっつあっつのビビンバをいただきながら、アクトインディに入ったきっかけを聞いてみました。

「ちょっと前まで中目黒に住んでいたのですが、近所で働ける場所を探していたところ、ちょうどユーザーとして利用していた『いこーよ』のサービス内で求人情報を知り、応募したのがきっかけです。実はまつ毛エクステ(まつエク)のサロンを持っていて、5人の従業員を抱えているのですが、空いている時間を有効に活用して、別のところでも働けたらと思っていたため、週3日で働き始めました。結婚を機に仕事をやめてから10年以上主婦だったので、10年ぶりのデスクワークでした。まさにアクトインディに入って、デスクワークスキルを磨いているという感じです。」

現在の仕事内容ですが、具体的にはどんなことを担当していますか?

「品質管理チームは基本的にはチームの他のメンバーと同じ業務を行っています。終わりのない作業なので、目の前にあるものをどんどん処理し続けていくという感じですが、『いこーよ』の品質を守るため、情報の正確性や信頼性を第一に仕事をしています。」

仕事における課題は何かありますか?

「チームはサイトの品質管理や校正が主な業務になりますが、記事作成の業務の際には語彙力の足りなさを実感しています。」

ご自身の強みは何でしょうか?

「以前、秘書業をしていたので、サポート力はあると思っています。また、他のメンバーと比べたらスピード感は足りませんが、地道にコツコツと積み上げる力はあるので、『できることをしっかりやっていく!』ということを大切にしています。」

プライベートで何か夢はありますか?

「まずは、まつエクサロンを多店舗展開していきたいと思っています。あとは、旅行が大好きなので、家族で海外旅行に行ける回数を増やしたいと思っています。去年、家族で旅行に行ったときに小1の娘とみんなでシュノーケルできて楽しかったです。私もパパもダイビングもするので、将来みんなで潜ったりもしたいですね。」

いつもキラキラした笑顔が魅力的な金子をご紹介しました。


第30回 ランチミッション×安彦

2017年1月25日

30回目を迎えましたランチミッション!今回紹介するのは集客支援チームの安彦です。
安彦のオススメのお店はTOCにある「まぐろのなかだ屋」です。

ランチタイムにはいろいろな海鮮丼があるのですが、安彦と王が注文したのは本日のオススメ丼。
海鮮丼をいただきながら、早速インタビューです。

前職はどんなことをしていましたか?

「今はだいぶ見かけるようになってきましたが、当時はまだあまり普及していなかったタブレット型のPOSレジの営業をしていました。小さな飲食店や美容院でもPOSシステムを気軽に使えるようになったのは、自分が営業を通して広めた成果だと自負しております(笑)。それで、タブレットPOSレジは世間にある程度広まったので、今度は別の価値(『いこーよ』)を広めようと思ってアクトインディに入りました。」

現在、集客支援チームの仕事に対する想いは何かありますか?

「もともと、人に提案をすることが好きなのですが、『いこーよ』のサービスでは、契約書をいただいてからが本当のお付き合いになるので、ご契約をいただく瞬間が嬉しい反面、気持ちがグッと引き締まる瞬間でもあります。また、現在、新規開拓チームのリーダーとして他のメンバーが力を十分に発揮できるように環境作りについても力を注いでいます。うまくチーム全体がボトムアップして、『いこーよ』のサービスを広く利用していただける仕組みを整備することが目標ですね。また、並行して、少しでも多くの親子に体験の機会を提供したいと考えているので、気軽に参加できるようなパッケージの開発をしていけたらと思っています。」

プライベートでは先日、第一子の女の子が誕生したばかり。そんな安彦にプライベートでの夢を聞いてみたところ・・・

「仕事では、2年後、3年後や5年後といったスパンで計画をしっかり立てるほうなのですが、実はプライベートになると無計画で行き当たりばったりなのです(笑)。あえて夢を語るなら、将来引退したら島でゆっくりしたいですね。どうして島なのかというと、ただのイメージです!海があって、のんびり風に吹かれて・・・、リゾートのイメージですね。」

最後にドイツ居住歴があるとのことで、ドイツでの印象に残った出来事を聞いてみました。

「自宅の玄関外に置いてあったマットが放火された出来事が衝撃的でしたね。その日はサッカーの試合があったのですが、ドイツ対トルコでした。ドイツはトルコからの移民が多い国で、その日は街全体が興奮状態でしたね。結局トルコが負けて、警察からは自国のチームが試合に負けた鬱憤から、トルコ人移民に放火されたのではないかという結論に至ったのですが、『そもそも、そんな燃えるようなものを外に出しているお前が悪い!』と警察に言われ、理不尽な気持ちになりました・・・。」

その火事でケガなどはされませんでしたか?

「放火された時は夜中だったので、すっかり寝込んでいたのですが、誰かがドアを叩く音で目が覚めました。外国ですから、ドアを叩かれてもうかつに開けられないので、少し放っておいたのですが、『大変なことになっているぞ!』という声が聞こえてドアを開けたら目の前に炎が・・・。パニックに陥りました。『火を消さないと!』と思って水を汲んだのですが、手にしていたのはお茶碗。ドアを叩いて火事を教えてくれたご近所さんに『それじゃ火が消えるわけないだろう!!』と言われてハッとしました。パニックって怖いですね。その後はちゃんとバケツで水をかけて火を無事に消すことができました。」

無事が何よりですね・・・。
仕事に全力を尽くす安彦の紹介でした!


ベビー・子ども用品交換会

2017年1月24日

こんにちは。広報担当の王です。
今日は、アクトインディの社内のある活動についてお伝えします。
アクトインディのパパ・ママ率は2017年1月現在、74%です!8割になるのが目前です。

そんな社内の一角で先日行われたのが、『第2回 ベビー・子ども用品交換会』です。
サイズアウトしてしまった子ども服や使わなくなったおもちゃを持ち寄り、欲しい人に自由に持って帰ってもらうという社内イベントです。

交換会で持ち寄られたものを覗いてみると、ベビー服から子ども服、そして夏の水遊びに活躍する水遊びパンツなどが持ち寄られていました。

 

大きめのおもちゃなどは社内SNSのパパ・ママ部屋で事前にもらい手を募集したりして、まだまだ使えるものをリユースする取り組みを積極的に行っています。

Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル)!リサイクルはさすがに難しいけれど、最初の2Rで環境にも貢献していこうという想いを持つアクトインディのパパ・ママでした。


第29回 ランチミッション×K

2017年1月13日

2017年最初のランチミッションのお相手は、集客支援チームのKです。
Kがオススメのお店は、パスタが美味しい「KURA」です。

メニューを見ると、パスタの種類が多く迷ってしまいます。Kはサーモンとブロッコリーのパスタ大盛!王はタラコパスタ普通盛りを注文。モチモチの生パスタをいただきながら、早速Kに話を聞いてみましょう。

アクトインディに入ったきっかけは?

「以前は某大手家電量販店で販売のお仕事をしていたのですが、転職を考えていたところに、転職エージェントを通じて鈴木さんから連絡をいただいたのがきっかけです。最初は何のサービスをしている会社なのか全く知らなかったので、少し調べたら『葬儀』というキーワードが目に留まって、先入観からブラック企業だと思いました(笑)。でも、もう少し調べてみたら『いこーよ』のサービスにたどりついて、大きな夢のあるサービスをしている会社とわかり、魅力を感じて入社を決めました。」

今の仕事で「やりがい」を感じているところは、どんなところでしょうか?

「ご提案させていただいた施策で施設情報がさらに充実し、ユーザーさんがそれを見て足を運んでくださって、集客アップにつながることで施設さんが喜んでくださることが、とても嬉しく思います。」

お休みの日はどのように過ごしていますか?

「掃除をしていることが多いですね。とはいえ、掃除好きということではないので、できればラクして完璧な掃除ができるようになることが目標です。最近、水垢対策のために洗剤『茂木和哉』を購入したのですが、早く使ってみたいと思っています。また、今欲しいモノというと、ルンバやコードレスダイソンといった掃除家電しか出てきません(笑)。」

掃除スキルが高そうですね!お料理はどうでしょうか?

「基本的に面倒くさがりなので、一番好きな料理は『おにぎり』です。調理器具もほとんど使いませんし、使う食器も少なくて済みます(笑)。おにぎりが大好きです。」

では、最後に好きなおにぎりの具、トップ3を紹介していただきましょう。

「はい。じゃあ、まず3位ですが、ツナマヨです。ツナにマヨネーズを加えるだけで簡単に具が完成します。続いて2位は、高菜です。高菜はスーパーで買ってきて、刻むだけ。それなのに、とても美味しいおにぎりが完成します。そして、ダントツの1位はシャケです。このシャケは加工したフレークではなく、ちゃんとした焼鮭です。面倒くさがりでも、ここは譲れませんね。」

おにぎりが大好きなKを紹介いたしました!


アクトインディの未来図について 続報

2016年12月26日

先月、『第二回未来図プロジェクト会議』が行われ、新たに加える未来図についてメンバーから様々な意見が出てきました。

たくさんの「こんな未来になったらいいな。」に共通するのは、子どもも大人も笑顔でいられる未来であること。
映画化やヒーローサービス、月旅行などワクワクする夢がいっぱい!
会議では、アクトインディの方向性にマッチするような未来図をピックアップしていきました。

そして先日、第一回の会議で仕分けされた現行の未来図と新たに加わった未来図を併せて、2020年、2025年、2030年、2050年のアクトインディの未来図を決定いたしました。
新しい未来図は、2016年12月28日に未来図ページで公開です!!

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s1


第28回 ランチミッション×中山

2016年12月13日

アクトインディから近いのに、なかなか登場しなかったTOCがついにやってきました。
TOCの地下にはいくつもの飲食店が並んでいますが、エンジニアの中山が選んだのは「志野」です。
中山は名物の「肉七」を迷わず注文。王は迷って「チャーシュー麺」を注文。
チャーシュー麺は昔ながらのシンプルな味で懐かしさを感じました。

20161213_1

アクトインディには様々な経歴を持つスタッフが多くいますが、中山もその一人ではないでしょうか。
アクトインディに入る前はどんなお仕事をされていましたか?

「もともとインテリアデザイナーになることが夢だったので、雑貨から家具やソファーなど幅広くインテリアアイテムを扱う某大手の専門店のショップスタッフとして働いていました。ショップスタッフからデザイナーへの道を目指していたので、仕事をしながらデザインの勉強もしていたのですが、途中からWEBデザインに魅力を感じるようになり、受託開発の制作会社でWEBデザイナーとし働き始めました。昔からデジタル系のものが好きで、PCを自作したりプログラミングをしたりしていたので、当然の流れだったかもしれません。そして、当時の仕事はWEBデザイナー兼フラッシャーだったこともあり、その流れからiPhoneアプリエンジニアとして、金融系のアプリ制作などを主に行っていました。アプリ開発を担当できる人が自分しかいなかったこともあって、それはもう大変な日々でした。何かトラブルが発生すると真夜中に対策会議が開かれたり・・・。ただ、その経験から得たものは大きいですね。」

では、アクトインディに入った理由は、ワークライフバランスでしょうか?

「そうですね。今、2歳になる息子がいるのですが、家族との時間も大切にしたいですし、自分が使いたいと思うような生活を豊かにしてくれるアプリを開発する時間が欲しかったこともあります。アクトインディではそのどちらも認めてくれるので、自分に合っていたと思います。おかげさまで、個人で作ってリリースしたアプリは15個になりました。そして、現在も作り続けています。」

ちなみに、どんなアプリがあるのか、実際に見せてもらいました。
商品バーコードで賞味期限を通知してくれる『Limiter』、
スマホで底値をメモしておける『Kakac(カカック)』、
本のバーコードを読み取って、そのまま図書館にある本を予約できる『小平市図書館バーコード書庫検索』などなど。
Androidユーザーの私は、iPhoneが羨ましくなりました・・・。
それにしても、プライベートでアプリを作るにはある程度まとまった時間が必要だと思いますが、一日どれくらいの時間をプライベートアプリ開発に充てているのでしょうか?

「そうですね、ほぼ毎日、仕事が終わって帰宅して食事したりしてから作業に入るのですが、9時から夜中の1時頃まではアプリ作りをしています。」

仕事では「いこーよ」アプリ開発に携わり、プライベートでも様々なアプリ開発に没頭する中山に家族の夢を聞いてみました。

「家族でハワイ旅行に行くことが夢です。2017年に行く予定です!!」

夢の実現は目前ですね!!目をキラキラ輝かせながらアプリ開発の話をする中山を紹介いたしました。

20161213_2


第27回 ランチミッション×H×Y

2016年12月9日

集客支援チームのサポートをしているHとYと一緒にやってきましたのは、五反田にあるけど店名は「銀座 いし井」のつけ麺屋さん。

img_20161207_133820

コクがあるつけダレとスダチのさわやかな酸味がマッチする中華せいろをいただきながら、二人の魅力に迫ります。

img_20161209_115443

まず、鹿児島県出身のHからまいりましょう。九州出身の男性の場合、『九州男児』で亭主関白というイメージがありますが、女性はどのようなタイプの方が多いのでしょうか?

「鹿児島の女は『薩摩おごじょ』と言われております。おしとやかに、常に男性の3歩後ろを歩く、私もそのように育てられました。そのせいでしょうか、歩くこと自体が嫌になって、ブラブラ街を歩くなんてことは一切しません(笑)。」

では、アクトインディに入る前はどんなお仕事をしていましたか?

「トリマーとして来る日も来る日もシーズー犬のカットをしていました。シーズー犬専門のトリマーだったわけじゃないんです。当時、それほど人気の犬種だったのですよ。とにかく、あまりに多忙でしたので、トリマーを卒業し事務職へ転身致しました。その後、結婚して子育てに専念すること10年。その間、あまりに外界との接触がなくて、テレビに話しかけている自分がいました(笑)。それで、そろそろ働いて社会とのつながりを持ちたいと思い始めた矢先に、アクトインディに出会ったんです。ブランクが10年もあったので、当初は不安な気持ちでいっぱいでしたが、周りのサポートもあって思ったより早く仕事に慣れることができました。」

今はどんな業務を担当されていますか?

「『いこーよチラシ』のコピーを考えたり、施設様のアクセス資料を作ったりしています。どんな仕事でも依頼されたらやるしかありませんから、その都度全力を尽くしております。」

プライベートでは、小学校4年生になる女の子のママさんですが、子どもに期待しているようなことはありますか?

「娘といっても、男の子のようなサバサバした性格なので、母と娘で口ケンカになったりするようなことはありません。子どもの口の利き方が間違っていたりしたらバシッと叱るので、怖いと思われているだけなのかもしれませんが・・・。子どもは子どもでしっかり自立して生きていってもらいたいと思っています。そして娘が自立したら、たくさん一人旅をするのが夢です。歩くのは苦手なので・・・、北海道で一人ドライブなんていいですね。」

鹿児島出身であるものの、焼酎よりビールが好きだと聞きました。

「はい。何よりもビールを愛しています。メーカーはこだわらずに、新しいビールが出ると必ずコンビニで買っております。」

ちなみに、今のお気に入りのビールは何でしょうか?

「マスターズドリームですね。本当にオススメですよ。」

中身は『薩摩隼人』ではないかと思うほど、豪快さを感じるHの紹介でした。

続いて、Yにインタビューです。
前職はどんなお仕事でしたか?

「デベロッパー内で広告を進行する部署で働いていました。そこで広告代理店とあれこれやりとりしながら広告を作っていく業務を行っていました。とても刺激的で楽しい仕事である反面、忙しすぎる環境でした。それで、子どもとの時間を大切にできるような仕事をしたいと思いはじめた頃、一ユーザーとして『いこーよ』を利用していたことから、アクトインディの採用情報ページにたどり着き、そこから求人に応募して今に至ります。アクトインディに入ってからは、仕事以外の時間に余裕ができたことで、精神的に楽になりました。もちろん、子どもとの時間も増えて、土日は家族との時間を大切に過ごすことができているのが、一番嬉しいですね。」

仕事ではどんなことを大切にしていますか?

「お客様や集客支援チームのメンバーの要望にまっすぐ応えることを第一にしています。これからも、集客支援チームがうまく回るようにサポートしていきたいと思っています。」

プライベートで描いている夢があったら教えてください。

「自分の子どもに対してはしっかり育てないといけない責任があるので、手放しで可愛がるのは難しいですよね。ですので、早く孫ができればと思っています(笑)。まだ娘は5歳なので、まだまだ先の話になりそうですが、孫とたくさん遊ぶのが将来の夢です。そして、毎日笑って暮らしていきたいですね。」

ほんわかした優しい雰囲気をもつYの紹介でした。

img_20161216_2


「いこーよ」テーマパークEXPO 2016に出展!

2016年12月7日

こんにちは。広報担当の王です。
ただいま、「いこーよ」の集客支援チーム(営業)は「テーマパークEXPO 2016」での出展で大忙しです。
東京ビッグサイトで2016年12月6日(火)~8日(木)の3日間の開催ですが、本日はその2日目。
代表・下元によるセミナーも開催されるため、会場の様子を見に行ってきました!

開場はまさにテーマパーク!という雰囲気で、メリーゴーラウンドが回っていたり、最新のバーチャルリアリティを活用したアトラクションが設置されていたり、小さな子ども向けの遊具や動く恐竜が展示されていたりと見どころが満載です。

img_20161207_133820 img_20161207_134002

さて、なんといっても本日の目玉は代表・下元による「投資効果を数倍に!テーマパークのメディア利用戦略と成功事例紹介」セミナーです。

img_20161207_134947 img_20161207_134954

アクトインディの代表・下元がチームラボさんと黒姫高原スノーパークさんに実情を伺いながらテーマパークにおけるWEBマーケティングについて、投資効果が数倍になるメディア利用戦略をお伝えするという内容です。
セミナーは満席で、ご参加いただいた施設のご担当者様みなさまが熱心にお聞きくださっていた様子が印象的でした。

img_20161207_140101 img_20161207_140316

集客支援チームのスタッフもいつになく真剣な表情です。

img_20161207_135827

その後、「いこーよ」のブースに立ち寄ると、ブースも大盛況。お出かけ施設様のご期待に応えられるよう、集客支援チームに力が入ります!

img_20161207_151735

以上、王が見てきた「テーマパークEXPO 2016」のリポートでした。


第26回 ランチミッション×三浦(アフロ)

2016年12月2日

本日はデザイナーのアフロこと三浦と「五反田 宮川」にやってきました。
キジ丼をいただきながら、じっくり話を聞いていきます。

元トラック運転手だったと聞いていますが、そこからWEB業界に入ったきっかけは何だったのでしょうか?

「トラック運転手の仕事は体力勝負なので、年を重ねても長く続けられるような仕事ではないと感じていました。仕事そのものは楽しかったのですが、将来を考え何か手に職をつけようと考えていた時に、インターネットに触れ『これだ!』と直感しました。その頃ネット上にあったホームページなどは今と比べると本当に簡単なデザインだったので、これなら自分にもできるかもしれないと可能性を感じたのです。当時、大阪に住んでいたのですが、大阪にはWEB制作をやっている会社は見当たりませんでした。そこで、『東京に出よう!』と思い立ち、上京しました。」

全くの異業種からWEBデザイナーへの転身となると、困難なことが多いのではないでしょうか?

「もともと、デザインそのものに興味がありましたので、大変というよりも楽しいという気持ちのほうが大きかったですね。また、デザインといってもコーディングを打ち込むことが多いのですが、旅行関係の専門学校で英文タイプの授業を受けていたこともあって、抵抗は全くなかったです。」

今担当している仕事はどんなことでしょうか?

「改善チームに所属しているのですが、『いこーよ』のモバイルサイトのコーディング改善を主に担当しています。改善した結果、思ったような成果が出ないときは大変ですが、しっかり成果が出るときはとても嬉しいです。また、文字がデザインとなって表れるところがコーディングの楽しいところで、そこに魅力を感じています。年を重ねてもずっと現場でWEBデザインに携わっていたいと思います。」

プライベートな夢は何かありますか?

「奥さんがグラフィックデザイナーなので、将来何らかの形で一緒に仕事をして作品を作りたいと思っています。あと、家族でキャンプに行くことが趣味なのですが、スノーピークというアウトドアブランドでキャンプ用品を揃えるのが夢です。キャンプではテント張りなどで子どもから尊敬を得られたり、夜はたき火の前で夫婦二人の特別な時間を持つことができたり、本当にオススメですよ!!」

アフロは今年で3歳になる男の子のパパ。最近たくさんお話しができるようになってきた息子さんの口癖が「パパ、やばいよ~。」だそうです(笑)。保育園のお迎えを毎日こなすアクトインディのイクメンデザイナー、アフロの紹介でした。

アフロの魅力についてもっと知りたい方はこちら
Wantedlyでもプロフィールを紹介しています!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3


第25回 ランチミッション×池邊

2016年12月1日

普段は大阪で業務をしている池邊が久しぶりに東京にやってきたところを運よくつかまえることができました!
池邊がランチに選んだお店は野菜が自慢の和食店「やさい家めい」です。
新鮮な野菜を使った体に優しそうなメニューが並んでいる中、前日に日本酒を一升飲んだという池邊は「根菜たっぷり和風豆乳ポトフ定食」、王は「蓮根と豆腐つくねハンバーグ定食」を注文。豆腐つくねハンバーグはふっくら柔らかな口当たりで、気持ちがホッコリしました。
美味しい料理をいただきながら、シニア事業部の業務から「いこーよ」のユーザーサポートまで幅広く対応している池邊に色々と質問を始めましょう。

20161201_01

アクトインディのメンバーの中でも社歴が上位にありますが、アクトインディに加わったのはいつでしょうか?

「2010年8月です。その頃はまだ学生で、社会学部に所属しマスメディアについて学んでいました。先輩や同級生はテレビ局や新聞社などに多く就職していました。私もテレビ局でアルバイトをしたりしていましたが、自分のやりたい方向性とは少し異なると感じていました。そんな中で小さな一個人でも可能性が広がるインターネットでの情報発信に興味をもち、インターネット関連企業で就職先を探しました。その中で当時のアクトインディの真っ黒なサイトが目に留まり、会社の理念に共感して、ホームページを通じて求人の問い合わせをしました。その頃いた大阪支社の役員が面接をしてくれたのですが、『まずはインターンでやってみないか』とお声がけしてくれたのが始まりですね。インターンを終えて4月の正社員入社までの間は、アルバイトとして働いていました。当時のメインサービスであった『葬儀サポートセンター』では、スタッフ皆が本当に真剣で、誇りをもって業務にあたっていました。そして2011年3月11日に東日本大震災があり、東京本社につながる電話回線をすべて大阪支社に転送し、東京の業務が完全回復するまでの2週間、大阪支社の3人で業務に奔走しました。できることは限られていましたが、どんな問い合わせにも誠実に対応することを第一とし、乗り越えました。アルバイト時代に本当に濃密な経験をさせていただいたと思っています。その後、大学を卒業した後にそのまま社員となりました。」

現在の仕事はどのようなことを担当されていますか?

「自分の業務の割合では、『エンディングパーク』などシニア事業部に関する業務が2割ほど、子育て事業の『いこーよ』に関する業務が8割ほどの比率です。主に担当している『いこーよ』のユーザーサポート業務では、情報の真実性・誠実性を管理しています。また、地震などの災害時の対応や利用規約の管理等も担当しています。仕事では、初めて取り掛かる業務に対して、問題の解決や業務プロセスをどう組み立てるかを考えることがとても好きです。」

プライベートでの夢はありますか?

「四季を感じられる田舎に日本家屋を購入して、家庭菜園をしながらのんびりと暮らしたいと考えています。今は、ベランダ菜園で夫と娘が葉大根を育てていますが、その夢のための準備でもあります(笑)。都会の人工装飾的な四季の移ろいではなく、道端にそっと咲く花や木々の葉の色の移ろいなどを毎日の生活の中で感じられたら幸せだと思っています。」

とても情熱的でまっすぐな思いをもつパワフルな池邊の紹介でした。
そんな熱い池邊をもっと知りたい方はこちらこちらこちらをご覧ください。
Wantedlyでもプロフィールを紹介しています!

20161201_02