第32回 ランチミッション×T

2017年4月12日

こんにちは!広報の王です。
久しぶりのランチミッションがやってきました。
お相手は、なかなかつかまえることができなかった、エンジニアのTです。

軽めのものが食べたいということで、向かった先は「小料理はなれ」。
こぢんまりとした店内は全てカウンター席なのですが、とても落ち着く雰囲気。
Tはブリの定食、王は牛たたき定食を注文。
定食には温泉卵やお豆腐やおひたしといった小鉢も多くついており、とても満足度の高い内容です!!

さて、入社順名簿のトップ5に入っているTについて、じっくり話を聞いてみましょう。
アクトインディにジョインしたのはどのくらい前のことでしょうか?

「2010年に入った後に一度抜けたのですが、トータルで在籍6年くらいになります。当時はシニア事業の方がサービスとしてはメインだったこともあって、社内はピリピリした緊張感漂う雰囲気でしたね。今はメインのサービスが『いこーよ』であるということも関係しているのか、ずいぶん変わったなと感じています。」

現在、エンジニアとして『いこーよ』を支える仕事をされていますが、以前からずっとWEBエンジニアとして活躍されているのでしょうか?

「新卒で入ったのは鳥取県庁で、精神保健福祉関連部署で働いており、全くの別の分野にいました。でも、書類を処理するだけの仕事が自分には向いていないことに気づき、働きながらプログラミング言語の書籍を読んで独学で勉強しました。1年ほど勉強したのちに公務員を辞めて、初心者でもエンジニアとして受け入れてくれる会社に転職しました。」

元公務員だったのですね!学生の頃は何を専攻されていたのですか?

「文学部で西洋哲学を勉強していました。」

文系から理系のエンジニアへの転身はハードルが高そうですが、そのあたりは大変ではなかったのでしょうか?

「自分でプログラムしたものが動くということがとても楽しく、そもそも、自分のわからない分野を勉強していくこと自体が楽しいことだと思っているので、全く苦にはなりませんでした。」

プログラミング言語は色々あるかと思いますが、どの言語が一番お好きですか?

「最初に独学で勉強を始めたのはC言語ですが、それから様々な言語を使うようになって、それぞれの言語に面白さがありますが、やはり一番はCommon Lispですね。どちらかというとオールマイティに色々なことができる言語で、この言語のつながりでアクトインディにジョインすることにもなったので。」

今までのアクトインディでのお仕事で一番印象的だったものは何でしょうか?

「スマホサイトを立ち上げたときが一番印象的ですね。それまではPCサイトしかなかったところに、新しく作り上げていくというところがとてもワクワクしましたし、やりがいがあり、とても楽しい仕事でした。」

では、プライベートな部分についてお伺いします。
ご趣味は?

「プログラミングが趣味です。おそらくほとんどのエンジニアの方がそうだと思いますが、色々とプログラムを作ることそのものが楽しいことなのです。作り上げるものは違っても、その途中の作っていく過程が面白いのです。」

プログラミング以外で興味のあることは何かありますか?

「そうですね。プログラミング以外ですと、ファンタジー小説を読むことです。最近はライトノベルも読むことが多く、中3になる娘がいるのですが、本を共有することもあり、会話のネタにもなっています。」

これからの夢は何かありますか?

「娘が幸せになることです。幸せの定義は人それぞれですが、とにかく娘が幸せになってくれたらいいと思っています。」

質問したことに、一つ一つ笑顔で丁寧に答えてくれる優しくて頼りになるエンジニアTの紹介でした。


全ての記事を見る